【残酷で凄惨】歴代ボクシング残酷な試合トップ4
2024/05/22

広告

ビデオ領域で [Skip Ad] をクリックして広告をスキップします。
video
読み込み中...
歴代ボクシングの中で最も残酷と言われる試合の一つに、ジャックデンプシーとジェスウイラードの対戦が挙げられます。この試合では、デンプシーがウイラードに対して激しい攻撃を繰り広げ、ウイラードは顎を砕かれ、肋骨や頬骨、歯を折られるという凄惨な結果となりました。また、ナイジェルベンの防衛戦では、対戦相手のジェラルドマクレランが脳内出血を起こし、試合後に半身不随となってしまいました。また、ベニパレットとエメールグリフィスの試合では、グリフィスが強烈な右フックを繰り出し、パレットが倒れた後も攻撃を続けたため、ボクシング禁止論が浮上するほどの大問題となりました。また、ラリーホームズとランドルコブの試合は、一方的な展開となり、コブが信じられないパンチを受けながらも最後まで立ち続け、ヘビー級史上最も残酷なタイトルマッチとされています。

広告

AD
速報